未分類

韓国・無許可の戦略物資密輸出発覚に驚きの声が続々…4年間で156件だと!?

投稿日:


この記事は私がまとめました

日韓貿易問題は激化をたどる

韓国は外国為替及び外国貿易法(外為法)の優遇制度「ホワイト国」から除外される見込みだ。

これは、軍事転用されると安全保障の脅威となる先端技術などの輸出について許可申請が免除される制度で、除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得が義務づけられる。

これについては、7月1日からパブリックコメントが実施され、8月1日をめどに運用が開始されるという。

日本政府が2019年7月1日、韓国に対する半導体原材料の輸出規制強化を発表すると、韓国メディアは一斉に反発した。

なんとFNNが戦略物資密輸出リストを公表へ…なんと4年で156件!?

不正輸出されたのは、いずれも、NSG(核兵器製造・開発・使用に利用可能な物品を統制する多者間国際体制) 、AG(生物化学兵器製造・開発・使用に利用可能な物品を統制する多者間国際体制)などを通じ国際社会が厳しく統制・監視している物資だ。

リストの不正輸出品目を見てみる。サーモカメラや炭素繊維、熱交換器など、兵器への転用が可能な物品が並んでいる。

生物兵器の製造にも使われる遠心分離機も、ロシアとインドネシアに不正輸出されていた。2017年10月には、核燃料棒の被膜として使われるジルコニウムが中国に不正輸出され摘発されていた。

問題がなければ、早めに事実を公表したほうがいいかもしれない

それでも、日本政府のこれまでの「不適切事案」という説明とは矛盾するものではありません

事実だとすれば、最悪の場合、それこそ韓国が2017年の国連安保理制裁決議違反として、全世界から経済制裁を喰らいかねないインパクトがあります。

ジイソプロピルアミンという化学物質は北朝鮮の金正恩委員長の実の兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された時に使われた神経剤VXの原料だ。

生物・化学兵器拡散を防止する枠組みである前出のAGのハンドブックによると、韓国はジイソプロピルアミンの製造国に入っていない。つまり別の国から輸入したものを、第三国に不正輸出した可能性が考えられる。

日韓貿易戦争どころの話ではなくなりそうです。

様々な声が

戦略物質密輸出バレちゃった…
しかも、政府が把握して隠してたんだから、控えめに言ってもテロ支援国家
規制云々どころの話じゃない
おもくそ、タヒの商人じゃん…韓国終了

headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?…

韓国の戦略物質の密輸出156件が公に
公になっていない闇営業いれたらとんでもない件数になりそう
そしてホワイト国除外にあたって特別枠として韓国を‘’り‘’地域に認定
名実ともにテロ支援国内に仲間入りだね pic.twitter.com/ROfPd4eQkG

-未分類

Copyright© 話題のニュース速報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.